作詞家:青柳美奈子、アーティスト:あなりすのあなぐら発信徒然詩


by aoyagi375
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2004年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第98回 白鳥。

「上手いことやってる」
だなんて、
そんなふうに
言われたことがある。

もし、そんなふうに
写るんだとしたら
私はボート乗り場の白鳥。

水の中で必死に足で漕ぐ。
いつだって、
いっぱいいっぱい。
見えないところで
必死に必死に足で漕ぐ。


「上手いことやってる」
だなんて、
そんなふうに
言われたことがある。

そんなふうに
写るんだとしたら
私はボート乗り場の白鳥。

いつだって、
いっぱいいっぱい。
必死に必死に足で漕ぐ。
[PR]
by aoyagi375 | 2004-07-16 11:16 | ★あなりすの2乗(詩)

第97回 未完成。

何かを出来ることが
スゴイんじゃない。

何かを出来るようになるために
頑張ったことが
スゴイんだよね。

今日はまだ、出来なくても。
今日はまだ、届かなくても。

いつか、出来るようになる。
いつか、届く日が来る。

その日に向かって真っ直ぐに。
頑張ることが
何よりもきっと、
スゴイこと。

“未完成”。

もしかしたら
今日、頑張るために
ある言葉なのかもしれないよ
[PR]
by aoyagi375 | 2004-07-11 11:16 | ★あなりすの2乗(詩)

第96回 プライド。

第96回 プライド。
(2004/07/01 WEB)

もしかしたら、けっこうしばらく。
大事なことを忘れていた気がする。

ずっとずっと。
抱えてた胸の“もやもや”。
それはきっと、
今日の“もやもや”を
明日には、明日には、って
自分で自分に言い訳をして、
すごくすごく大事なことを
無視していた罰かもしれない。

いつだって、自分の気持ちを
はぐらかしてばかり。
いつだって、自分の答えを
先延ばしにしてばかり。

そうやって、ずっと
胸の真ん中にいつもあった
“もやもや”と引き替えに
私が守っていたものは
いったい、何だった?

たとえそれがどんな日であったとしても。
昨日までの自分のすべてと
明日からの自分のすべてを。
ちゃんと大事に。ちゃんと認める。

弱い自分と、頑張る気持ち。
グズな自分を、信じる気持ち。
ヘマした自分に、逃げない気持ち。

人はその想いを
“プライド”と
呼ぶのでしょう。

“私は私が誇りです。”

ほらね。
今日は少し、空が近くに見えたよ。
[PR]
by aoyagi375 | 2004-07-01 11:15 | ★あなりすの2乗(詩)