作詞家:青柳美奈子、アーティスト:あなりすのあなぐら発信徒然詩


by aoyagi375
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2003年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今日も世界は動いてる。

昨日、できなかったことも
明日はできるかもしれない。
昨日、上手くいかなかったことも
明日は上手くいくかもしれない。

だって。
今日も世界は動いてる。
同じ今日はないんだもの。

私も昨日と同じ私じゃない。
あなたも昨日と同じあなたじゃない。

叶えようとするかぎり。
あきらめて、やめてしまわないかぎり。
明日のことなんて誰にもわからない。

今日も世界は動いてる。
[PR]
by aoyagi375 | 2003-06-29 11:04 | ★あなりすの2乗(詩)
もう遠い昔の話になるけど。

ずっと留守電だった君の電話番号。
アドレス帳にあるいくつかの番号の中で
君のナンバーだけが
いつしか、いつも留守電になった。

そしていつも留守電だったナンバーは
やがてどこかへ消えた。

「タダイマ、ツカワレテオリマセン」。

冷たい機械の声だけが、
恋の終わりを教えてくれたんだ。

もう遠い昔の話になるけど。
[PR]
by aoyagi375 | 2003-06-18 11:03 | ★あなりすの2乗(詩)
先日、美容院へ行った時のこと。
「あなたの髪の流れは、後ろから前へ生えているので
ブローは後ろから前へ流すように乾かすといいですよ」
そんなふうに教えてくれた人は彼が初めてだった。

今までは頭の形がどーのとか髪質がどーのとか、
こちらの持っているアイテム(髪の毛)の
悪いところだけを指摘して(もちろん悪意はない)
「・・・だから仕方ない」的な人ばっかりだった。

先日のその彼のように
私の髪質や顔立ちを考慮したうえで
「・・・だからこうしよう」的な発言を
してくれた人はいなかった。
びっくりした。そしてとても嬉しかった。

「・・・だから仕方ない」的なことしか言われないと
「ああ。ダメなんだ・・・」って、
がっかりするし、落ち込むし、
やる気なんて言われた瞬間に飛んでっちゃう。

「・・・だからこうしよう」的な発言は
驚いたり、嬉しかったり。
「じゃあ、やってみよう!」って気にすぐなっちゃう。

短所って本当は個性だったりもして
実はすごい長所になるかもしれない
可能性を秘めてるところだと思うんだ。

“みんなと違うダメなとこ”。
それが、もしかしたら
“みんなと違うスゴイとこ”。
なのかもしれないって。

『太陽と北風』。
もちろん北風だって必要な時はあるけど、
必要最低限以外は、
やっぱり太陽に触れていたい。
太陽の下で、頑張っていたい。

そして私も。
いつも誰かの太陽でいれたらいいな。
[PR]
by aoyagi375 | 2003-06-14 11:02 | ★あなりすの2乗(詩)
彼女の瞳は稟としていた。
遠くへ行くのに。
見知らぬ土地へ行くのに。

今までのいろんなこと、
いいことも悪いことも。
今までのいろんな人、
好きな人も嫌いな人も。
すべてを置いて、ひとり旅立つ。

何度も迷ったりしたと思う。
かすかに不安もあるんだと思う。
でも。
「彼と暮らすことに決めたんだ」
彼女はそう言って笑った。

会社を退めて、過去を置いて、
彼が待ってる新しい場所へ旅立つ。

いつかケンカもするだろう。
たぶん寂しい夜も来るだろう。
だけど、きっと大丈夫だって、
19歳の自分の決心を信じてる瞳だった。

「遠くへ行っても繋がってるよ」
そう言って笑った、
彼女の瞳は稟としていた。
[PR]
by aoyagi375 | 2003-06-08 11:02 | ★あなりすの2乗(詩)