作詞家:青柳美奈子、アーティスト:あなりすのあなぐら発信徒然詩


by aoyagi375
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2003年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

あなたが思っているより
たぶん私は弱くはなくて。

でも。
あなたが思っているほど
たぶん私は強くもなくて。

弱くもない。
強くもない。
いつも揺れている自分。

とても中途半端な存在。
いつも中途半端な存在。
[PR]
by aoyagi375 | 2003-04-26 11:08 | ★あなりすの2乗(詩)

第56回 宝物。

第56回 宝物。
(2003/04/18 LIVE配布)

そっと瞳を閉じたら
心のまま泣いてみよう。
涙に流せたら楽になるから。

しなくてもいい我慢を
積み重ねてきたけど
何のためにずっと
我慢していたんだろう。

あきらめたフリをして
大人になったフリをして
ため息ばかりついてたって
何にも何にも手に入らないよ。

子供の頃に描いた
あの、がらくだだらけの地図は
まだきっと胸の中に
まだきっと眠ったまま。

宝物を手に入れるんだ!
自分だけの、
自分にしか探せない
宝物をきっと手に入れるんだ!

そっと瞳を閉じたら
心のまま泣いてみよう。
そして涙が全部流れたら
宝物を探しに行こう。
[PR]
by aoyagi375 | 2003-04-18 11:08 | ★あなりすの2乗(詩)
春になると毎年、
嬉しい忙しさがやって来る。
ウチの狭いベランダに植えられた花達が
春を待っていたかのように
つぼみから一斉に咲き出すから。

黄色。オレンジ。ピンク。白。
まるで競うかのように
ピンと背筋を伸ばして
とても誇らしげに
太陽を仰ぐ花びら達。

朝起きて、水をあげて
咲き終わった花々を
ひとつずつ積んでいく。
そうすると花達は
また次から次へと
あふれんばかりに咲いてくれるんだ。

ちゃんとケアすると
ちゃんと応えてくれる。
それぞれの個性にあったやり方で
ちゃんと大事に思うと
ちゃんとキレイに咲いてくれる。
植物はウソをつけない。
自然の法則にそって自然に生きてる。
すごく正直ですごく真っ直ぐ。
私もそんなふうに生きれたらいいな。

春になると毎年、
嬉しい忙しさがやって来る。
さあ。水まきしようっと。
[PR]
by aoyagi375 | 2003-04-13 10:58 | ★あなりすの2乗(詩)

第54回 ヒリヒリ。

心がヒリヒリする。
ひりひりして痛くて。
自分を守るのに必死になって
誰かを傷つけてしまうことがある。

誰かを傷つけた後、
そのヒリヒリは治るかというと
それみたことかって。
もっともっとヒリヒリしだすんだ。

“ヒリヒリ”から意識を
ちょっとだけそらしてみようか。
とりあえずヒリヒリはそのままにして。
自分の好きなことを好きなように。
何かを始めてみようか・・・。

・・・「あれ?」!!
なんだかヒリヒリしない。
心がヒリヒリしない。
ヒリヒリしないどころか、
少しだけ暖かな気持ち。
なんとなく優しい気持ち。
穏やかな気持ちになってる。

何かに夢中になればなるほど
自分の好きなことをすればするほど
もしかしたら自然に
“ヒリヒリ”は消えていくのかな?

心がヒリヒリする。
対処法はひとつだけ。
“自分を信じること!”
[PR]
by aoyagi375 | 2003-04-06 10:58 | ★あなりすの2乗(詩)